お知らせ
薬と薬のケース

ジスロマックはウイルスや細菌、真菌といった病原微生物の中で細菌にのみ作用し、抗菌および殺菌的作用を示します。
主にクラミジア菌に効果があることから、性感染症のクラミジアに用いられています。

また、ジスロマックSRでは淋菌が適応菌種に加えられ、クラミジアと淋病のどちらにも作用する治療薬となっています。
すでに症状の出ている患者が服用すれば、その日から効果は発揮され、しかも1回の服用で1週間も効果が持続するため、高い確率で完治します。

ジスロマックは蛋白合成阻害薬に分類されるマクロライド系抗生物質ですが、静菌的に作用することから感染の予防などに役立つと言われています。
しかし、実際には高濃度で使用して殺菌的な作用による使用が正しく、性感染症の予防として使用することはできないとされています。

確かに1週間もの継続効果があれば、細菌を抑える効果があると思われるかもしれませんが、潜伏期間があるのと、下手に使用すると耐性菌を作る可能性があることから、再発の予防目的に使用するのは推奨されていません

特に予防で服用する場合には、毎週かかさず飲む必要があり、耐性菌を作ってしまうと、いざ感染したときに治療することができなくなります。
加えて副作用が出ても1週間は効果が持続するため酷い症状を起こしたり、体への負担が大きくなることから肝障害が起こることも懸念されます。

細菌による二次感染を防ぐために、インフルエンザなどの症状で予防として処方されることはありますが、基本的にジスロマックは症状が出た際に使用するものなので、無闇に服用することは控えるようにしましょう。

医師が適切な判断で処方した場合に限り、その指示に従って服用することが大切です。