• ホーム
  • ジスロマックの正しい服用方法について

ジスロマックの正しい服用方法について

説明している医者

ジスロマックは多くの容器の時に、最近の殺菌や化膿を防ぐ薬として処方されています。
特徴として、今までの抗生物質は1日数回数日の間、薬を飲み続けなければなりませんでした。
しかしジスロマックは薬の服用回数が少なくて済み、病気によっては1回の服用だけで1週間の効果があり、飲み忘れることで症状が悪化したり、改善までの期間が長くなってしまうことを避けることができます。

また、抗生物質の飲み忘れはその抗生物質に対する耐性を細菌が持ってしまうこともあるため「処方したものを最後までちゃんと飲み切るように」という指導がされています。

ジスロマックの服用方法は、病気によって変わってきます。
感染症の際に処方された場合は1日2回または1日2回の服用を3日間続けます。
体内の薬の濃度を一定期間高くすることで、細菌を殺菌します。
クラミジアの場合には、1日1回のみ服用します。

クラミジアの場合には一度に大量にジスロマックを服用し体内の薬の濃度を一気に上げることで、一度にクラミジアの原因菌を殺菌して居S舞う方法がとられます。
ゆっくりと服用をしてジスロマックに対する耐性がついてしまい、薬が効かなくなってしまうのを避けるためだと言われています。

ジスロマックは副作用として胃腸への影響があるため、胃腸が弱い人は1回の服用量を減らし、服用回数を増やす方法がとられることもあります。
服用後に下痢が起こるという副作用が報告されていますが、ほとんどは1回のみ、数時間で症状が治まります。
それ以降も様子がおかしいと感じたら、医師の診療を受けましょう。

またその人の症状や体質によって飲み方が変化する場合がありますので、正しい飲み方は処方されたときの医師の指示に従うようにしましょう。